憲政会

憲法と政治を考える市民の会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年今後の受験

今年の受験は
ITパスポート
CFP 相続・事業承継
介護職員実務者研修
にすでに合格・修了
残る予定は
2017年
10/15……宅建士
11/12……CFP 不動産
12/3……管理業務主任者
12/10……ビジネス実務法務検定2級
2018年
1/28……介護福祉士
どれもさっさと取ってしまいたい。
スポンサーサイト

西成区で鉛筆型シャーペンを購入

大阪の西成区に名無し会の会議に参加するために来てるんですが、ホテル近くのダイソーで鉛筆型シャーペンを売ってたので二本購入しました。
これが握り心地がまさに「鉛筆」そのもので、本当ストレスないですね。

筆記用具は、その相性で試験勉強への影響はデカイっす。難しい試験ほど、鉛筆握る時間増えますからますます。
このシャーペンでCFPと情報技術者試験受かったら、西成区様様ですお。

2017年目標として

今年は名無し会の活動が想像以上に発展した事もあり、資格試験の勉強がほとんどできず。当初予定していたCFPの試験などは受験できませんでした。
政治運動家としては、それは嬉しい状況でもあるわけですが、同時に名無し会が本格化すればするほど、私にも相応の肩書きや実力、専門知識も一定以上必要になってきます。
特に経済系団体という面が強まってるだけに、事務局長としてCFPの資格は取得しておきたいのは変わりません。なので、再度仕切り直して、受験費用の工面や試験勉強の予定など、戦略を組み直しているところです。
来年こそ、CFP取得します。

 しかしまぁ、今年からはTACがFP1級用のテキストを「みんなが欲しかった」シリーズで公に出してくれたおかげで、格段に勉強がしやすくなったかな。
それと、今年はITパスポート試験、基本情報技術者、応用情報技術者を取得しようと考えてます。

勉強のコツ

私は元々が勉強苦手な方なので、ある程度年をとってからようやく「試験勉強のやり方」がわかったタイプである。

今現在の私は、試験勉強ってのは「テキストと問題集を章立てて思い出せるようになる事」だと考えてる。



要するに、こういう目次を見てどういう問題かを事前にわかるようになれば、その試験は合格するんだろうと。

だから、試験勉強ってのは具体的進め方は半ば「作業」に近い。よく勉強が得意なタイプが口走る「(手をつけてなかった出題範囲を)潰す」みたいな表現もそこから出てくる。

勉強できるタイプにはこれはあたり前なんだが、できないタイプにとってはここが最大のネック。資格試験なんて、出題範囲を「潰す」だけに過ぎないと気がつくのに時間がかかった。

CFP!CFP!

社労士と迷ったが、今年はCFPを取得する方向で方針を固めた。
というわけで、勉強の進捗を時々ブログに残す。
CFPはかなりの高度資格なので、一回で6教科全て合格するのは難しいと思うが。
独学情報の少ない試験なので、これから目指す人になんらか参考になればと思う。

とりあえず、2級技能士知識の再確認用に、成美堂のテキストと、TKオフィスのFP2級用のアプリを購入。これで復習しながら、CFPの過去問(CFPの過去問はFPKのこれか、FP協会が出してるのしか存在しない)をやっていく。
二級技能士知識でカバーできないところをFP協会の公式テキストで補うというスタイルで行きます。
もっとわかりやすいCFPのテキストありゃいいんですけどねー。

Top

HOME

憲政会

Author:憲政会

名も無き市民の会幹事・事務局長名も無き市民の会労働組合執行委員長を務めております政治運動家・藤原興のブログです。

このブログは資格勉強と趣味に関してが中心なので、実活動に関しては上記の所属団体サイトへどうぞ。

「市民主義右派」を自称する、日本では珍しい政治運動家だと思います。

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。